期間従業員のための求人サイトはどのようなものがあるか

期間従業員の求人サイトには、特定のメーカーが出しているものや、自動車や航空系に特化したもの、様々な職種、企業の求人を多く取り扱うものもあります。その中身は複数の条件で絞り込めるようになっています。例えば、「地域」「職種」「給与金額」など、ご自身の希望に合った求人が探しやすい仕組みになっています。掲載されている求人の多くは、未経験歓迎であり、その割に給料は高めのものが多いと言えるでしょう。それに加えて、お祝い金や退職金に代わる慰労金について記載のある求人も多いため、就職前の準備や、期間満了を迎えた後も、次の仕事を見つけるための時間を確保できます。中には将来的に正社員を目指せる求人も多数あり、安定した雇用を望む人にとっても職探しを留守上で、一つの有効な選択肢となると言えるでしょう。

期間従業員を選ぶメリットとは?

期間従業員を選ぶメリットは多くあります。1つ目は「採用条件のハードルの低さ」です。年齢が18歳上であれば、未経験歓迎である事が多く、資格や学歴についても不問であるケースが殆どです。2つ目は「給与の高さ」です。未経験歓迎でありながら、その月収は30万前後であり、年収は350万~450万程にもなります。3つ目は「寮・食堂の完備」です。寮であれば暮らす場所を探す必要がない上に、家賃が安く済みます。食堂であれば、体が資本である仕事において食事の心配が減りますし、月々補助金のでる企業もあります。4つ目は「有給」が取れること。6か月で80%以上出勤すればきちんと有給が支給されます。5つ目は、「失業保険がもらえる」ことです。1年以上勤めれば失業保険の受給対象となります。また、有期雇用であるため制限がなく、離職票を出してから7日間の待機期間で受給する事が可能です。

期間従業員を選ぶデメリットとは

期間従業員を選ぶメリットが多くある一方で、デメリットについてもきちんと把握しておく必要があります。1つ目は、「働ける期間が決まっていること」です。期間従業員は最長2年11か月しか同じ会社で働くことが出来ません。2つ目は、「勤務時間」です。多くが2~3交代制であるため、1週間ごとに昼夜入れ替わる勤務に慣れるのは大変だと言えるでしょう。3つ目は「社会的な信用の低さ」です。期間が限られており、将来の雇用が不安定な立場であるが故に社会的な信用が得にくくいといえます。融資審査などに通過しにくかったり、有利な金利での契約ができなかったりします。比較的容易に、生活に困らない金額を得られる一方で、その生活が長く保障されるわけではありません。約3年先はどうなっているか予想ができないため、いつまで期間従業員でいるかどうかは自身の将来設計に応じてよく考える必要があるでしょう。

メーカーさん直接雇用での求人を積極的に行っております。 働く会社の寮に関しては寮費・高熱費がかからないところも存在しています。 慰労金・報奨金の制度がしっかりしているところも当社の特徴です。 【希望に合ったお仕事探し】当社のご紹介から入社された方々は日々増えております。 簡単にメール・lineにてご相談や求人への応募をすることが可能です。「経験が必要なのでは」そんな心配は必要ありません。 期間従業員を紹介するe仕事でメリットある仕事を見つけよう!