希望通りの期間従業員の求人情報を探す方法

期間従業員とは、契約社員いわゆる期間従業員・臨時従業員・期間契約社員のことをいいます。昔、農村地域での冬場の出稼ぎ先とした風習から、季節工とも呼ばれていました。期間従業員は有期契約による雇用のため給付制限が会社を辞めたときにないのも特徴です。ハローワークに離職届けを出して一週間後受給することが可能です。期間従業員はいつ仕事がなくなるか分からないと不安に思う方も多いかも知れませんが、待遇は良いものが多く、突然解雇の確立はとても低いものです。メーカーによっては正社員登用の道が開けることもあり、高時給などメリットもあります。自分にあった環境や仕事内容を見つけるために、たくさんある雇用の条件やデータだけで見極めるのではなく、直接雰囲気や会社の仕組みを伺うことをおすすめします。

期間従業員と派遣社員の違いってなに

期間従業員は、会社と直接雇用契約を結びます。そのため、正式な雇用扱いとなり、福利厚生なども会社の規定に応じます。一方、派遣社員は派遣会社と雇用関係を結ぶため会社にとって請負に過ぎません。福利厚生なども派遣会社の規定によります。期間従業員は二年十一ヶ月までは同じ会社で働くことができます。その後退職から半年たてば同じ会社で期間従業員として働くことは可能ですし、他の会社に就職する分には問題ありません。それ以上にメリットがあるので紹介します。高時給であること、有給がとれること、任期満了後は失業保険の対象になること、採用のハードルが低いことなどです。会社によっては寮や食堂が完備されていて生活にかかる費用も負担してくれます。派遣社員と比べると、大きな違いがあるようにみえます。

期間従業員になることのメリット

仕事をするということは、何かをしてお金をもらうことですが、働き方の種類や職業にもいろいろあります。会社を経営したりフリーで仕事をしたり、社員や派遣社員、パート・アルバイトなど、たくさんある働き方のなかで、期間従業員についてそのメリットを説明します。ひとつは学歴不問・未経験可の中でかなり、年収はたかいほうです。平均年収350万から450万円といわれています。短期に稼ぎたい方も多く残業代もきちんともらえるので、稼ぎたい方にはむしろ、残業がありがたがられます。二つ目は有給が取れることです。入社して6ヶ月間、8割出勤することで10日ほどの有給休暇が取れる対象になります。もうひとつは、任期満了後は失業保険の対象になります。など。案外知られていないメリットが多くあります。働き方で悩んでいるなら期間従業員もおススメです。