期間従業員のお給料と職種を説明します

期間従業員とは、メーカーが臨時に雇う契約社員です。別名、「期間工」とも言います。主に製造業・工場系の仕事になります。大手の自動車メーカーの募集が多いです。工場の製造が活発になる時期に働く期間が決められていて、給料が高い点が魅力です。特別に資格が必要というわけではないのでフリーターや未経験者も働きやすいです。募集は時期によって異なるので具体的ではないですが、アルバイトを探す際と同じでインターネット上の求人サイトで募集していることが多いです。採用となっても、健康診断が基本的にあるので健康体であることが必須です。力仕事ももちろんあるため、体力に自信がある方がいいでしょう。また、ほとんどの期間工は寮に入ることが普通です。寮費は無料の企業もあれば月々5000~10000円ほどする企業もあります。そこの条件も加味しましょう。

業務内容と契約時に求められること

期間従業員の業務は一人ずつ決められた作業を担当してそれ以外の工程は別の人が担当します。肉体的にきつい仕事だと思われている期間工ですが、仕事以外の時間は自由でゆっくり体を休めることも十分にできます。大体の作業は組み立てなどのオートメーション作業です。女性は、精密検査と小さな部品の組み立てを担当するため、特別に力がなくてもできることがあります。髪型も髪色も厳しくなく、よほど派手な髪色でなければ注意されることもありません。服装もカジュアルであれば指定がない場合がありますが、作業着が基本です。勤務開始からある程度半年ぐらい経ってくると、延長してほしいと言われることもよくあるので半年を節目にもう一度ご自身と相談して契約をしましょう。もし、契約解除となってもまた応募することも、再入社も可能です。

期間従業員への手厚い制度と実際

きついと思われている部分がありますが、待遇はしっかりしています。例えば、普通の企業と同じく半年間以上働くと、有給が取得できます。残業や夜勤は企業によって有無が異なります。残業や夜勤はあったら必ず手当が出されます。夜勤は二交代制で立て続けに強制労働させられることもありません。年末年始、ゴールデンウイークなども年に三回休暇を取れるため休むことが可能です。加えて長期間務めると、期間従業員から正規雇用されることも少なくないです。保険関連も加入が義務付けられているため入ることになります。必ず入っているとは限らないので、働く前に確認することをおすすめします。繫忙期は特に夜勤や残業が増やされてしまうかもしれませんが、増えた分の計算も曖昧にせずしっかりと計算しておくとさらによいでしょう。